akiko hasegawa展覧会に単衣着物と紋紗羽織で

akikoさんの展覧会に行ってきました

今日からJR高槻駅・グリーンプラザ3号館「ギャラリーマーヤ」できものさんぽみちメンバーakiko-hasegawaさんの『3人3様展』が始まりました。

いつも深遠なイ-メジ満ちた銅版画を創られています、今回もすばらしい作品を発表されました。

背後に見えている作品、是非実物をご覧にお出かけください。(6月15日まで)

この後、この展覧会は9月にスペイン北部の町へ持って行かれます。

向こうの展覧会で夏着物を着られ日本の衣装をアピールされると言う事です。

写真楽しみにしていますねー

その町の近くには、ダリの美術館やダリのアトリエもあるそうです。

スペインのいろんなお話を聞きながら、南欧らしい空で

akikoさんの作品はどんな風に映えるのなかと楽しく想像していました。

———————————————-

今日の京都は32度もある暑い一日でした。

風があったのでたんすの中の涼しい単衣着物を着ました。

母のお下がりはかなり着こんであり、膝のあたりが薄くなってきたような気配。

でも薄い生地でさらさら涼しい・・・し、もうちょっと着とこ・・・

素敵な作品を力を発表される晴れの場をお尋ねするのですから、

紋紗の羽織の改まった感じがぴったりです。

その上、背後をカバーしてくれる安心感、薄物羽織を重ねる

上級者的感覚もプラスでき、夏の薄羽織は衣装計画に

ありがたいアイテムです。

関連するポスト:

  1. AKIKO HASEGAWA WORKS
  2. ワオキツネザル訪問着IPSにてデビュー
  3. 国際霊長類学会・ワオ着物登場2日目
  4. 2011年の茅の輪くぐり 
  5. 今年の京都の節分
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 京友禅・型友禅, 展覧会・美術館・アート, 着物, 着物散策

Posted on: 10th 6月 2010 by: blogkyoto