とっても楽しい和やかお茶会

6月の単衣着物で爽やかに勢揃い

お茶会というと硬苦しい決った所作決まりきったやり取りで、

緊張することも多いようです。

せっかくの季節のお饅頭や美味しいお抹茶の味もわからへんかったという方が多いのでは。

きものさんぽみちでは、先日フランクな楽しく和やかなお茶会を創ってみようと無鄰庵のお茶室を借り楽しみました・・・

名づけて「グリンピース茶会」

日ごろの妄想を実現した一日はこんな風でした・・・

朝からきものさんぽみちに集まり、抹茶茶碗やお菓子など手分けして運びます。

無鄰庵母屋二階も今日一日借りてあります。

まずお庭を散策し、池をめぐり、蔵の中の書斎なども見学し明示の雰囲気に浸ります・・・

明治の国政のなかで、重要な会合の場面も有ったそうですよ。

格天井・壁画・椅子明治の豪華な雰囲気がそのままです

小川治兵衞さんの作ったお庭はこの辺りにたくさんありますが無鄰庵も代表的なものです。

小川治兵衞の設計した美しいお庭

家にあるいろんな小物を使いましょっと、籠やらガラス器やら
冷蔵庫から枝まめ・さやえんどうも少々拝借して床飾り。
Aさんお母さま手作りの色紙飾り軸に伊豆蔵人形色紙「柳に蛙」

いよいよお茶を点てましょう。おいしぃー

緑の内層は白い餡、中心は漉し餡

二条駿河やさんに豆の緑色をテーマというイメージぴったりのきんとんを作ってもらいました

皆さんも場所や形に囚われず、お抹茶とお饅頭と楽しい会話とでお茶会ごっこして見られたらいかが!

勿論着物姿が不可欠、一番の楽しさの決め手は着物です。

関連するポスト:

  1. 大茶盛・西大寺
  2. きものさんぽみち10周年記念パーティー
  3. 2011年の茅の輪くぐり 
  4. 今年の京都の節分
  5. 今年も小正月を遊びました
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 和菓子・グルメ, 着物, 着物散策, 茶道

Posted on: 19th 6月 2010 by: blogkyoto