京の12月 

 【顔見世】 南座 ~26日
江戸時代、歌舞伎役者は当時あった幾つもの座それぞれと一年契約で出演していたので各年の11月、新しいメンバーを紹介する意味の顔見世興行が京大阪江戸三都で行われていました。その後制度もなくなり明治からは新暦12月に行われています。「まねき」看板、梵天を表玄関上に掲げ、花街総見など 師走一番の風物詩!
舞妓さんたちの総見の華やかさも劇場の雰囲気を一気に盛り上げます
着物お洒落の人は、演し物や贔屓役者にちなんだ衣装を競い、粋・心意気を楽しむのは歌舞伎見物の極地かもしれません。
【大根だき】
◇三宝寺 鳴滝妙見さん 2日・3日
中風ほか病気の厄除けを祈願して、煮た大根をいただきます。
1628年(寛永5)後水尾天皇が帰依していた日護上人のために右大臣菊亭経季らが建立した日蓮宗の寺。妙見堂の本尊は上人自作で江戸中期、十二支京都妙見めぐりの一つ‘鳴滝の妙見さん’と親しまれた。参道には花梨(かりん)の木、本堂わきには御所より移植したと伝える‘御車返しの桜’が有名。
◇千本釈迦堂 7日・8日 釈迦が悟りを開いた成道会にちなむ行事。中風他の厄除けを祈願。
◇了徳寺 9日・10日 親鸞上人が当地を訪れた際に大根を焚いてもてなした故事に因む行事。
【針供養】
◇虚空蔵法輪寺 8日13:00~
使い古した針に感謝し、裁縫・手芸上達を祈願甘酒接待、日本舞踊
◇幡枝八幡宮社
◇針神社 8日11:00~3:00
使い古した針に感謝し、裁縫・手芸上達を祈願。裁縫・手芸上達のお札の授与。
【北野天満宮・大福梅授与】 13日
町中は師走の事始。
天神さんでは、梅園の梅を土用干し、裏梅干を作ります。これを裏白(裏白)とを添え授与。(一袋500円)
元旦から3日間、朝お茶に結び昆布と共に入れ「お福茶」として頂くと無病息災。
【六波羅蜜寺】かくれ念仏 13~30日
天暦5年(951)、京都に疫病が流行したとき、空也上人がその救済を願って始めた踊りながらお念仏を唱える珍しい法要
【義士法要関連】
◇西方寺14日10:00~
珍しい歩きながらの声明による法要が、江戸期からずっと行われている
◇大石神社 義士まつり
赤穂浪士の討ち入り姿で瑞光院から山科区役所、岩屋寺、大石神社と総勢300人が練り歩く。
◇法住寺  義士会法要
大石良雄が仇討ちを祈願した身代り不動と四十七士の小像が安置されている。御白河法皇の御陵寺院。法要、献茶式、お茶会、参拝者には討ち入りそばの接待がある。有料(お茶、お蕎麦、拝観料)
【東西両本願寺すす払い」 20日 東西凉本願寺
年末恒例の大掃除。大団扇の名物風景が出現。
【東寺 終い弘法】 21日
1年の最終縁日。境内に多数の露天が並び、賑わう本尊、薬師如来を開帳。
【不思議不動院かぼちゃ供養】 21日
冬至の日にかぼちゃを食べると、中風除けやぼけ封じにご利益があるといわれる。
【矢田寺かぼちゃ供養】 23日
中風除けをはじめ諸病退散を願う。かぼちゃ焚きの無料接待冬至にかぼちゃを食べると中風除けやぼけ封じにご利益があるといわれる。
【北野天満宮 終い天神】 25日
一昔前の人々は、さて年末の買い物をと繰り出したものです。
現在では古着・骨董を求め全国から大勢の人が
【おけら詣り】 大晦日31日 八坂神社
おけら火を吉兆火縄に移し、消えないように回しながら家に持ち帰り
雑煮を炊くときの火種に使い一年間の無病息災を願う。
【大祓え】 視内閣神社
きものさんぽみちの氏神さんは下御霊神社。その他市内各神社で、大祓が行われる。
人型に知らず知らずの内に身につけた罪・穢れを移しお祓いを受け、心身共にすがすがしく新年を迎えるための神事。(夏越の祓えの年末版)今年一年間の無事であったことを奉告し、新しい幸せな年を迎えることを祈願する。
【北野天満宮】 鑽火祭
境内の火の祭神を祀る火之御子社で斎火を起こし、参拝者はそこから火縄に火を移し持ち帰る。天満宮のおけら詣りと親しまれている。 火縄授与は22:00~3:00、  1本500円 
午後4時大祓  後7時30分除夜祭 後8時火之御子社鑽火祭 後10時~午前3時火縄授与新
【除夜の鐘】 午前0時前後 百八つの煩悩を消し去る除夜の鐘が一斉に撞かれる。
寒さをこらえて物干しやベランダに出ると深々とした夜空に鐘の音が流れてきます・・・

Categories: お祭り・風習

Posted on: 8th 12月 2006 by: blogkyoto