2月の京都遊びは3日の節分から

2月4日は、「立春」 暦の上で春が来ます。
その前夜、季節を分ける日が節分。
元来、節分とは「季節を分ける」ことから「節分」なのです。
季節の始まりを示す立春、立夏、立秋、立冬の前日はいずれも節分となります。
立春は1年の初めと考え、一年の節分の中で一番重要とされているので
一般に「節分」といえば春の節分を指します。
その「立春」前夜、節分の日
前年の邪気を全て祓うための追儺(ついな)の行事各神社仏閣で盛んに行われ、
その一例が、邪気を鬼になぞらえての「豆まき」です。
京都の節分は各神社お寺でそれぞれ大変ユニークな追儺の行事が行われます

≪各神社の節分行事≫

2010年2月3日(水)

◆廬山寺

鬼法楽(鬼おどり)     貪欲・怒り・愚痴を表すという三鬼(赤鬼・青鬼・黒鬼)が、太鼓と法螺の音にあわせて踊るユーモラスな鬼おどりは15時から行われます。導師の法力で退散させられます。鬼に扮する人も、其のいでたちになると、尋常でない力をを感じるといわれ、毎年信心の心をこめてお参りされるようです。この日に限り普段は見られない寺宝も公開

◆平安神宮

平安時代の宮中での追儺式(鬼やらい)を再現した大儺の儀が行われます。

平安装束の人が桃弓で葦の矢を北東・北西に放ち。陰陽師なども登場。

他にも12時からは奉納狂言(茂山千の丞社中)

15時からは豆撒き16時からは火焚き祭甘酒が無料でふるまわれます。

◆須賀神社

左京区聖護院円頓美町1 市バス206号→「熊野神社前」徒歩3分
この2日間のみ白い覆面、水干烏帽子姿で「懸想文(けそう)売り」が登場します。

これは江戸時代の風俗で、梅の小枝に恋文をつけて市中にお札を売り歩いたものです。

懸想文を人知れず鏡台やタンスに大切に入れておくと、良縁が舞い込み、

容姿端麗になり、また、衣装も増えるといわれています。

わがメンバーにもお守りの効用があったと今年の分もぜひ代理で授かって来てと

リクエスト連絡がありました!どっちの効用かは内緒ないしょ・・・

◆壬生寺

開白式(2日)、壬生狂言(2、3日 各日8回)、練り供養(2日)、
大護摩供養(2日)、厄除け護摩祈祷(2~4日)
強いおかめさんが鬼をやっつける豆まきと言う壬生狂言が毎時0分公演。

この日お参りの人々が厄除けを祈願して歳と名前を書いた炮烙は、

4月・春の公演「炮烙割」で、さっぱり全部割られます。見ものです!
◆六波羅蜜寺

空也上人が開いた寺として教科書にも出てくる千年もの歴史を持つお寺要無形民俗文化財の六斎念仏が5時頃から。豆撒きが行われ、また、昆布茶と清酒がふるまわれます。
◆八坂神社

祭典(2日)、舞踊奉納と豆まき、福鬼の餅まき(両日共豆まき後)
今様奉納(3日)蓬莱の鬼が餅巻き
◆千本釈迦堂 おかめ節分会

前夜祭(2日)、当日祭(3日)古式厄除行事(3日)

◆吉田神社

節分前日祭・追儺式(2日)節分大祭(3日)、火炉祭お札焼き(3日)節分 後日祭(4日) 節分のお参りは、なぜかここが定番という人が多いです。ここにももちろん鬼が登場
◆日向大神宮

節分厄除大祭 招福厄難除のご祈祷(終日)、諸願成就祈祷の献火神事、古札焼
◆平岡八幡宮

節分祭、星祭、厄除札・福豆・長寿飴授与
◆藤森神社

節分祭、雅楽と舞楽の奉納、追儺式
◆北野天満宮

節分祭(於本殿)、追儺式(於神楽殿)、狂言・日本舞踊・豆まき
◆聖護院

追儺式、採燈大護摩供、古札焼き

こちらは山岳修行者「山伏」さんの大拠点。

あの弁慶と同じ姿の山伏さんの一団が法螺貝を吹きながら厄除けに練り歩いておられます。

見るからに力強そう。

節分には庶民の間で、「節分のお化け」といわれる楽しい行事も盛んでした。熟年女性が派手派手振袖、いかついおじさんが女装、若い女性が男装(今や、めづらしくないといわれればまぁそうなんですが・・)などいろいろな扮装で化けてお参りやそこらを練り歩いた日本版カーニバル!節分の日にいっぺん化けてみませんか・・・

関連するポスト:

  1. 京都の節分はユニークな鬼達!続出
  2. 3月の行事 きもの遊び 伝産の日:きもの姿はお得です
  3. 夏着物・浴衣で 茅の輪くぐりに出かけます
  4. 2011年の茅の輪くぐり 
  5. 今年の京都の節分
Categories: お祭り・風習, 寺社仏閣, 着物, 着物散策

Posted on: 1st 2月 2010 by: blogkyoto