ルリユール 魅せられる製本

きものさんぽみちのメンバーは本当に多彩!(度々言いまして恐れ入りますがほんとですよー)

今日はその一人Tさんの作品展に出かけました。

エッチングによる製本作品グループ展

IMG_0002

ルリユール展 Gallery i

~11/1 12~17時  四条大和大路から東へ、仲源寺隣

中世ヨーロッパでは仮綴じの本を購入し、デザインから素材まで自分だけの装丁で

製本した書籍を作られていました。(映画「薔薇の名前」の舞台だった、修道院の図書の塔が思い起こされます)

素材もデザインも個性豊かな製本作品展。

思わずこんな本欲しい!と抱きしめたくなる本や、繊細な本、深い思索を呼び起こすような本、頬ずりしたくなるような本。

作家それぞれの個性豊かに魅入られました。

今日の京都は10月初旬のような気候、でも秋の装いをと

単衣こげ茶の細縞着物にベージュの綴れ名古屋帯、友禅カチンの茶の羽織

と言う取り合わせ。

そろそろ羽織の裾を翻す風情を楽しむ季節ですね。

素敵な作品展にお出かけされください。

関連するポスト:

  1. 銅版画展も着物で!
  2. akiko hasegawa展覧会に単衣着物と紋紗羽織で
  3. 京都文化財特別公開
  4. ワオキツネザル訪問着IPSにてデビュー
  5. 大和文化館と奈良・着物散策
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 展覧会・美術館・アート, 未分類, 着物散策

Posted on: 31st 10月 2009 by: blogkyoto