着物一枚は、蚕の繭 2600粒から

【着物一枚に必要】な
 繭の数 : 2600粒
 蚕    : 2700頭
 桑の葉 : 98kg
 生糸  : 900g
mayu2.JPG
蚕の繭、絹糸の元。
ほやほやした1本は長さ:1500m
この細い繊維を何本か纏めて紡ぎ、一本の生糸にします
mayu.JPG
織物を作る糸には、ウール:羊 綿糸:綿花 麻・・と色々ありますが、
絹は、美しい色を自在に染められるのが重要な性質として珍重されてきました。
強さ、しなやかさ、艶のある絹は、なんといっても繊維の女王。その絹糸でおられた布を友禅で染めた着物は
手当てさえきちんとすれば、100年の寿命を持ちます。
おばあちゃんから孫まで三代にわたる衣装!

「養蚕」は桑さえあれば、季節に関係なく蚕を育て絹糸を取る事ができますが、大体春に始まります。
卵から4週間で成長、(その間4回の脱皮) 8日目から、2・3日で繭を作り、
10日間さなぎですごし蛾となります。

【絹糸の生産方法】
繭から取った絹糸を生糸と呼びます。

蚕が繭を作り終わったら、ヒーターで熱して殺蚕し、保存中にカビが生えたり腐敗しないように処理。
繭を熱湯で煮、数個の繭糸を纏めて一本の生糸に紡ぎます。(糸の太さによって個数を変える)

明治の日本の最大輸出品が絹糸だった事は歴史の授業で習われたとおり。
現在生糸や、絹織物の生産高が昭和50年ころに比べ1割を切る所まで落ち込んでいます。
きものを着る人がそれだけ少なくなっているから。
“きものさんぽみち”の着付け練習会は
一人できる事が出来れば、きっと何時の日にか新しいきものを作って着て見ようと
思われることを確信しての企画です。
ご興味のある方はぜひ一回500円(ボランティアで運営しています)のお稽古に
おいでなさいませ。

No related posts.

Categories: 着物

Posted on: 10th 5月 2006 by: blogkyoto