子ども着物 縫揚げ-続き

姉は7つ弟は5つのお詣り

縫揚げするためには糸と針は欠かせません。

子供着物「縫揚げ」は、お子さんが居られるメンバーからのリクエストでアップしました。上手くいったかしら~  

基本的に着物は「直線断ち・直線縫い」の世界、設定さえ知れば襟を付ける・縫揚げすることは難しくは無い、12月8日針供養は、もっと針が必要であった頃の行事。少し引き寄せてもらえたら良いな。着物を着るようになると最低半襟を付け替えるのが必要になります。「ひとりできものをきられる会」ではマンツーマンで着る練習をしています。先月も2か月程で一人で着られるようになったメンバーがお母さんが驚いていたと言ってられました。着ることの次に半襟の付け方も必須。慣れない針と半襟と格闘。何度か繰り返せば必ずコツがつかめます。縫揚げもその延長でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください