子供着物縫い揚げ

*腰揚げ

🔹着物を二つ折りにする。

🔹裾線と肩線の位置に、総丈-着丈(身長×0.8)の2分の1の差をつける・・・・・下図のとおり

🔹この折端が揚げの山になる

🔹この端から揚げ分量の2分の1を縫う

🔹襟のところでは、端を折りたたんで衿幅より出ないように

*肩揚げ

🔹背中心と袖付けの2分の1を揚げ山にする

🔹山の両側に、裄の長い分の2分の1をつまんで縫う

*付け紐 

🔹十三詣り時には外す

🔹高さは、身八口またはその中心位置

🔹紐は、着物は襟に、お襦袢は背中心に付ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください