秋近く 単衣着物

摺疋田おしゃれ着

摺による型染め友禅
まるで絞り染めに見紛う逸品

 

江戸時代・奢侈禁止令によって「絞り染め」

を身に着けられなくなった時「型染」で絞りの味わいを

再現し”摺り疋田”としてその技が伝わっています。

少し離れると総絞りの着物に見えます、近寄ると

平面の型で染めたものと分かります。

技法は歴史がありますがかえってモダンでお洒落!

 

 

Categories: 京友禅・型友禅, 展覧会・美術館・アート, 着物

Posted on: 10th 9月 2019 by: blogkyoto