10月の衣装 有職横段文様 訪問着

有職と呼ばれる古典柄を段違いに配した訪問着です。

こっくりした朱地に全体に金彩の霞を載せいっそう豪華になっています。

おめでたいお席にこの華やかな衣装をぜひお召ください、金やこげ茶の袋帯など如何でしょう

 

 

金通し生地をこげ茶に無地染めした袋帯

茶地に金彩袋帯

 

関連するポスト:

  1. 帯揚げのお誂え
  2. 昭和30年ごろに書かれた中原淳一「きもの読本」今もその通り!
  3. 2015年2月 きものさんぽみちの「今月の着物」
  4. 葵祭 
  5. 2月の着物 手描友禅 白上げ・百花訪問着
Categories: 京友禅・型友禅, 和装小物, 着付けのコツ, 着物

Posted on: 1st 10月 2018 by: blogkyoto