2017年斎王代 賀茂 曲水の宴

4月8日、2017年の斎王代、上賀茂神社で最終の出仕として曲水の宴に登場です。

春の川辺に歌を詠みさかずきをかさねる雅な遊びを再現した催し。

斎王代が歌の題を発表し歌人が色紙に読み上げます。

冷泉家の人々が宮中の歌会始のようにのどやかに歌い上げます

ことしは「暮春」でした。

公募入選歌 『想われて 想いて 重さを増してゆく 暮春の月が 照らす横顔」

印象深く聴きました。

お化粧も古代を踏襲、白い髪飾りもその度に一から編みあげ2時間余りもかかります。

斎王桜がまだまだ美しく咲いていました。

次の斎王代も発表されるのもすぐです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No related posts.

Categories: 未分類

Posted on: 14th 4月 2018 by: blogkyoto