道長「きものさんぽみち」10月の着物 

訪問着 道長

道長という名前は、和服の文様構成の一つ。
いくつかの色や柄の違う模様をちぎって貼り合わせたように、
曲線や折れ線で区切って置いたもののことを道長取りと言います。

この訪問着は、上前に斜め下へ向かって 流れるように模様を構成しています。
王朝模様の雅びな色紙をちぎり、貼り合わせた複雑さが文様として完成度が高いでしょう。
濃い紫に近い濃い臙脂の地色に、ねず・薄茶・松葉色などの配色が趣き深く、
金地・ねず地・生成り色などの袋帯が良く合うでしょう。
秋深いこのころからお正月にかけてのおめでたい席にぴったりです。

関連するポスト:

  1. 今日の「きものさんぽみち」
  2. “きものさんぽみち” 風呂敷セミナー
  3. きものさんぽみち 今月の着物 訪問着 金の霞
  4. 「きものさんぽみち」の着付け教室
  5. “きものさんぽみち”の夏暖簾
Categories: 京友禅・型友禅, 和装小物, 展覧会・美術館・アート, 着物

Posted on: 3rd 10月 2017 by: blogkyoto