四天王寺 聖霊会(しょうりょうえ)

毎年4月22日大阪四天王寺で行われる聖徳太子ご命日の

聖霊会は、法要・舞楽・お声明が混然一体となった日本最大規模の舞楽大法要。曼殊沙華と呼ばれる巨大真紅の球体の四方に立っていていやでも目が吸い寄せられます。そのきゅうたいにたくさんの神のツバメがいとでつるされ風軽やかに舞っているのが可愛い。バリ島のバロンのような獅子舞、仏頭をすっぽりかぶった動く菩薩様、次々と独特の演目が続きます。鉾や刀の扱いも大きい激しい動きが目を引き、蘇利古の面などは目が巴紋、なんとも不思議。

この日は今年初めての単衣と紋紗の羽織した。爽やかに一日楽しめました

 

関連するポスト:

  1. 今年の京都の節分
  2. 2011年の茅の輪くぐり 
  3. 3月の行事 きもの遊び 伝産の日:きもの姿はお得です
  4. 今年も会いました、蘆山寺の鬼さんに
  5. お声明を着物で聴きに行きました
Categories: お祭り・風習, 京友禅・型友禅, 和装小物, 寺社仏閣, 歌舞伎・狂言・能, 着物散策

Posted on: 2nd 5月 2017 by: blogkyoto