お盆 おしょらいさん

今年もお盆の行事が御所から大文字を見て終わりました。
送り火の日は毎年のように特にもわーっとした蒸し暑い夜です。
御所の中からみますが年々多くの人が見る場所になってきて、暗いので良く見えないですが明るかったらきっとびっくりするような人数でしょう。

御所からは、少し斜めに見える大文字

御所からは、少し斜めに見える大文字


9日に迎え鐘を撞きに六道珍皇寺さんにお参りしてから行事がスタート。
14・15日とお膳やおやつを仏壇に供えます。
献立がきっちり決まっているおうちもあると聞きますが
我が家は気の付いたものを作ります。
お精霊(おしょらい)さんのお膳=精進料理

お精霊(おしょらい)さんのお膳=精進料理


ずいきとささげと賀茂茄子

ずいきとささげと賀茂茄子


他に枝豆や万願寺唐辛子、アラメお揚げ、干椎茸高野豆腐などの乾物類・・・
何時もと違って出汁鰹の入らない、昆布と椎茸戻し汁のお出汁なので
かなりさっぱりしたお味ですが材料の味が良くわかって美味しいですよ。

蓮の葉に載せた野菜や果物、蓮型の干菓子、おけそくさん(白餅)
迎え団子に送り団子(どちらも白玉で作ります)おはぎ、白むし(色をつけずに蒸したもち米)などを日替わりで供えます。

ひとりできものをきられる会のお稽古に来られた人が
「珍しい」と、お仏壇を写メしてかえらはりました・・・

関連するポスト:

  1. 京都のお盆
  2. 大茶盛・西大寺
  3. 京都のお盆は深い
  4. 7月祇園祭始まる
  5. 秘密の白味噌柏餅
Categories: お祭り・風習

Posted on: 17th 8月 2013 by: blogkyoto