きものでお茶屋さん遊び

着物でお茶屋遊び

舞子ちゃんに『お一つどーぞ♪』などと言われたもんならメローとなります。

吉うたのおかあさんに舞子ちゃんの衣装の説明をしてもらいました。

吉うたのおかあさんに舞子ちゃんの衣装の説明をしてもらいました。

祇園町の売れっ子舞妓紗月(さつき)さん18歳ですって

きものさんぽみちのお茶屋さん遊びも5回目。

今回も祇園吉うたさんへ行きました。

初めての経験にみんなおじさんモードの目になっていました。

美味しいお弁当を戴きながら舞を見てほーっとため息が出るようなひと時

真咲ちゃん君鶴さん、一人ずつ横に付いてもらって

お休みは何しはります?おびの根付はなにをつけたはります?

地毛で結った頭、1週間もどうやって持たさはります?

いろいろ女の子同士のようにおしゃべりして楽しい宴です・・・

一人ずつ舞子ちゃんの真ん中に座ってツーショット記念撮影やらなにやら浮きに浮いて今度は舞妓さん体験に行こうと盛り上がりながら帰路につきました。

祇園・花見小路の帰り道。余韻いっぱいの道中

Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 京友禅・型友禅, 和菓子・グルメ, 和装小物, 着物, 着物散策

Posted on: 10th 4月 2013 by: blogkyoto