新茶のお茶摘み

       tyatumi1.JPG
     夏も近づく八十八夜♪ 新茶の季節になりました。
    “きものさんぽみち”のメンバーが在籍の丸久小山園さんの「お茶摘みとお茶工場見学会」に行ってきました。
    勿論あかねたすきを掛けた着物姿で!
        tyatumi2.jpg
    小山園の社長さん。小さい時からジャンクフードを一切摂らず味覚を先鋭にされ、お茶のブレンダーに命をかけておられるというお話を聞きました。求道者のようですね!
     丸久小山園のお茶摘み見学会は1年に1度だけのレアな企画。(工場見学は通年でしておられます)
     超極上の茶葉だけを育てている覆い下茶園はよしずを通したほんのり柔らかな光に包まれていました。ここで作業されていたお茶摘さんに教えて貰い乍、実際に柔かい優しい緑の葉っぱを摘みました
     一度摘まれたお茶の木は5・60cm低く刈り込まれ、又1年間土からの滋養を吸いながら
     なんと、来年の新茶の時期までゆっくり休むのです。
     摘まれた茶葉が蒸され乾燥され40gの抹茶になる為石臼で24時間かけてゆっくりゆっくり惹かれる工程を目の前に見、精妙でとことん手を掛け作られた抹茶の心の奥まで沁み込むそのおいしさの秘密を実感しました。
  tyaba.JPG mattya.JPG
一服のお茶を最後に戴き今までより一層のおいしさを全身で味わって帰路に。うーん美味しかった! 
     
 

関連するポスト:

  1. 秋色の着物と羽織
  2. ポーラ ・ サマーウール 夏の薄物着物
  3. 着物好き嵩じ町屋暮らしへ
  4. 着こなし熟達の秘訣 きもの散策と着物遊び
  5. 丑歳の小豆粥
Categories: 和菓子・グルメ, 着物

Posted on: 22nd 5月 2008 by: blogkyoto