型染め 友禅小紋柄 

おしゃれ着物の代表は小紋柄の街着になると思います。

フォーマルな訪問着や振袖のようにがんばって着るのではなく、

さりげなく服と同じに町に溶け込んでいるところはとても粋です。

「きものさんぽみち」所蔵の小紋型をご紹介します。

(ただの小紋では有りません、箪笥に眠っていた昔の着物を染め替えたり染め足して

驚きの生まれ変わりをご覧ください)

 

 

小紋型・破れ格子

黒地に変り格子

 

 

 

黒地に鮮やかなエメラルドグリーンの変り格子(上の型を使った型友禅小紋お洒落着物)

小紋型・斜め市松

赤い可愛らしい絣紬着物が、羽織に変身

綸子地に小花ちらしの小紋がモダンな市松になりました

絹繊維は80年着られる力を持っています、現役の衣装として通用するのです。

80年前の洋服と言うと昭和初期のもの、到底現在着られません。

たぶんファッション美術館などの資料として展示されているはず・・・

絹に友禅染をした着物は色・艶・デザイン共にすばらしい衣装として祖母・母・娘と3代に亘り着用できます。

あなたのお家にも眠っていませんか?復活させてやってくださいな

関連するポスト:

  1. 2011年の茅の輪くぐり 
  2. バリ島の更紗染工場
  3. 今年の京都の節分
  4. 帯揚げのお誂え
  5. ワオキツネザル訪問着IPSにてデビュー
Categories: 京友禅・型友禅, 着物

Posted on: 20th 6月 2012 by: blogkyoto