玲瓏 ヴィトロ コンサート

ヴぃトロ コンサートは繊細な透き通った音に非日常に遊ぶ心地

コンサート終了、みんなで舞台を背に『はいチーズ♪』

演奏者福谷さんとご一緒に

ヴィトロはラテン語でガラスのことだそうです(プログラムから)

クリスタルフルート・アンサンブルの先駆け

アクエリオン(クリスタルの音板打楽器)とツララチャイム、グランドハープ

でガラスの涼やかさ、クリアなイメージと暖かさも秘めた不思議な世界。

クリスタルの透明な楽器が吹かれると、息が白くフワーと管に広がって

見えないはずの音を見ることができたような気分。

耳からと目からとのイメージは心の奥からほぐれてゆらゆら揺られて良い気分。

又次のコンサートも聴きにいきたいわ

関連するポスト:

  1. 2011年の茅の輪くぐり 
  2. バリ島の更紗染工場
  3. 今年の京都の節分
  4. 今年も小正月を遊びました
  5. ワオキツネザル訪問着IPSにてデビュー
Categories: 未分類, 着物, 着物散策

Posted on: 8th 3月 2012 by: blogkyoto