“きものさんぽみち” 風呂敷セミナー

“きものさんぽみち”の今年の雛祭りは「風呂敷遊び」をかね賑やかな集まりになりました。
    2hinatyakai.JPG
おひなさんと20名足らずの着物美人の饗宴はこの上なくあでやかでした!
2_1kyousitu.JPG
メンバーの中に風呂敷のプロが居られたので前々からリクエストしていたのが実現したのです。
着物を着始めた人は、運搬するのに必ず行き当たるのが「包む物は何が良い?」と言う問題
何といっても風呂敷ほど何でも包めるし、大きい小さい色々の容量に自由自在など
優れたパッキングアイテムは有りません。
出番までのコンパクトさも出色ですし!・・・
そんな優れものの風呂敷のアイデアいっぱいのノウハウを教えてもらいました。
●基本中の基本 袱紗(ふくさ)包み
  hukusatutumi1.JPGhukusatutumi.JPGhukusa3.JPGhukusa4.JPG
hukusa5.JPG
よくお祝い事と不祝儀の包み方で困ることがありますが、
なんと着物の打ち合わせと同じと言うことが判明。
着物の衿は左側が上になります、ふくさも同じく中のお金包みを頭を上にして
左の布が上にくればお祝い事、逆に右の布が上に来れば不祝儀。
亡くなった人の打ち合わせをぎゃくにするのと同じに考えたら間違わないのです。
 他の面白い包み方
 nihonbin1.JPG
nihonbin7.JPGnihonbin8.JPG
A4書類や雑誌などはこんな風に
to-to.JPG
ケーキやお饅頭など、お菓子やさんなどで『お平らにお願いします』と言われた時
to-to2.JPG
 パーティーや贈り物にワインや日本酒を持って行く時
風呂敷ごとのプレゼントなんて、とてもお洒落じゃないですか。
kyositu_bin2.JPG
着物だけでなく服の時にこんなショルダー風など先端ですよ
syoruda-.JPG
終わったあとはお待ちかねの「ひっちぎり」でお茶の時間
  hitigiri2.JPG
ひっちぎりは、阿古屋貝が真珠を包んだともお持ちを丸める時のひっちぎった形そのままの素朴さを表わしたともいわれる生菓子です。
合わせる今日のお抹茶は、二条寺町柳桜園お薦めの「小桜」。
桜に先駆け、花びらのような軽い、それでいて薫り高くおいしい味の抹茶でした。

関連するポスト:

  1. ひっちぎり?
  2. 今日の「きものさんぽみち」
  3. 「きものさんぽみち」の着付け教室
  4. きものさんぽみち 今月の着物 訪問着 金の霞
  5. “きものさんぽみち”のご近所 上村松園さんの旧宅
Categories: 和装小物, 着物

Posted on: 18th 3月 2008 by: blogkyoto