羽織の種類 季節に合せた着方

着付け練習会で、『羽織の使い方・着方は?』と言うご質問が相次ぎました。
ちょっとまとめてみました。
秋から冬に掛けて、羽織は必須アイテムとなります。
この寒空に、着物の上に何も着ないと洋服で言えばセーター、ブラウスのままで
お出かけしている状態と同じ。
見るからに寒々と気の毒な見場です。
久我神社・初詣の記事の写真の皆さんのふっくり暖かそうな羽織やコートの装いをご覧下さい
では羽織は冬だけかと言うと他の季節には他の季節にふさわしい羽織の種類があり、
その装い方も一味違います・・・・
——————————————————————
[生地による季節]
*紗や絽の夏生地は、単衣仕立(一枚仕立裏無し)に。====⇒盛夏を中心に着用
*夏生地以外(縮緬・紬・麻・とにかく透けない生地)
   ===⇒単衣仕立て(一枚仕立裏無し)に。基本的には4月5月・・9月後半~10月初め
*透けない生地を袷羽織に====⇒少し秋風が立ってきたら登場させましょう
——————————————————————–
[季節による羽織と着物の組み合わせ方]
*1)袷着物+袷羽織 = 10月中ごろ~4月ごろ
*2)袷着物+単衣羽織 = 4月中頃あたりか10月早々~10月中ごろ
(この組み合わせは、要するに *1)の組み合わせだとちょっと季節感が外れ
暑苦しいなと言う時の奥の手。季節の変わり目に便利な使い方です。)
*3)単衣着物+単衣羽織 = 5月中ごろ~6月早々
*4)単衣着物+薄物羽織 = 4月末ごろ~6月末
*5)薄物着物+薄物羽織 = 7・8月(場合によって9月中ごろまでOK)
番外編
*6)袷着物+薄物羽織=要するに『人の装いやし、ほっといて』と言う分ですな
   着物の質感が涼しげであれば、袷を単衣風に着る事が出来ます。
   最終的には見た目と、着る人のお洒落心が全てです!
——————————————————————–
[仕立て代]
羽織を作る時の予算は?=生地代+仕立て代
◎袷羽織が(3万円~)。単衣羽織が(2.5万円~)です。生地により多少上下します・・・
 これに生地代金を+したものが予算となります。
◎最近は羽尺(羽織の用尺=3丈12m程度の反物)の生産が極端に少ない為
 着尺の中から羽織にふさわしい柄いきを選ぶことが多いです。
◎着尺(着物の用尺3丈5尺)でも羽尺でも仕立て代は同じです。
◎出来上がったら、これに羽織紐を付けて、さぁお洒落なスタイルが完成です!
ご質問、ご遠慮なくどうぞ

関連するポスト:

  1. 歌舞伎座へ! 
Categories: 着物

Posted on: 24th 1月 2008 by: blogkyoto