羽織紐の結び方

お稽古でよくある質問の一つ『羽織紐の結び方』、写真でご説明します。

①長さの1/3(3分の1)のところで斜めに重ねる

1)1/3で重ねる

1)1/3で重ねる

②重なっている上の紐を下からくぐらせる

③くぐらせた紐を下に向け、親指と人差し指で押さえる

④下側になっている紐を折り曲げる

⑤折り曲げて下になっている紐を上にする

⑥上に重ね変えた紐をくぐらせる(結ぶ)

⑦ゆっくり締めながら、紐の先(=房)だけを手前に、自分のほうへ向かって

上から下へくるりと回転さす

⑧下八文字の形に結べました、完成!

*****************************************

もう一度!    (自分側から見た場合)

 

******************************************

紐を結ぶ場合、どんな時も必ず上になっているほうをくぐらすと

たて結びにならず、本結びのきれいにできます。

上をくぐらすと呪文のように唱えて結んでください

うまく行きますよ

関連するポスト:

  1. 帯揚げのお誂え
  2. 「衿芯」通すの、苦労してませんか?
  3. 今日の「きものさんぽみち」
  4. 祇園祭・宵山
  5. 姉さん被り茜たすきでお茶摘みですよ
Categories: 和装小物, 着付けのコツ, 着物

Posted on: 22nd 12月 2011 by: blogkyoto