祇園祭・宵山

橋弁慶山の牛若丸はいけめん少年!

今年は梅雨があっさり終わり、こうまで晴れなくてもと言うほどの

快晴・極暑になりました。

やはり長刀鉾は立派

祇園祭宵山のも一つの楽しみはセール

わぁ安いし可愛いし買っちゃおー

皆さんの浴衣、トンボつなぎ紋・茶屋辻絵羽浴衣

お母様が若いころ自分で縫われたもの。

これまたお母様の遺品・ちじみ夏着物と思い出深いもの、

お気に入りのものと着ているだけで楽しく気分高揚するものばかりで

楽しさ何層倍の衣装です。

風呂敷ブーム!なんと車が包まれてました

祇園祭と言うと必ず食べられない「粽」のお話が出ます。

長刀鉾の粽を売るのは緋袴のこの女性達かな・・・

今日は四条烏丸からスタート、ざっと以下のように周りました

長刀→函谷鉾→月鉾→鶏→→菊水鉾→放下鉾→

伯牙山(杉本家屏風飾り見学)→休憩→橋弁慶山→鯉山

→南観音山→北観音山

浴衣だけ買ったのではありません、ちゃんと鯉山の出世お守りや

粽も頂きましたよ。

終わってみれば着物や浴衣で4時間以上歩いていました。

暑いやろーって言われますが、着てしまえば案外いけるもんですよ。

暑い夏空 

体の中も焼けつくよう一日でした。

お茶の入ったバケツを頭からざぶっとかぶりたい!

・・・で帰ったら、勿論甘いもんで一服です。

したたり・菊水鉾お茶会にも使われる祇園祭のお菓子として著名

したたりの黒糖あまさがくたびれた体にしみわたりました。

 

 

 

 

関連するポスト:

  1. 祇園祭 宵々々山
  2. 2011年の茅の輪くぐり 
  3. 今年の京都の節分
  4. 今年も小正月を遊びました
  5. 秘密の白味噌柏餅
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, お祭り・風習, 京友禅・型友禅, 和装小物, 着付けのコツ, 着物, 着物散策

Posted on: 15th 7月 2011 by: blogkyoto