東北震災へチャリティお茶会

いざ嵐電でお茶会へ!

だいぶ前になりますが、五月のある日チャリティお茶会に行きました。

震災へのチャリティです。

お待合

きものさんぽみちメンバーがお稽古に通う教室です。

お待合には自作のお茶碗・茶杓など力作も飾られいい雰囲気。

今日は台湾からの留学生も一緒。

お茶をたしなんでおられ着物もすっかり着こなし、何より日本文化の楽しみ方は

日本女子メンバーの上を行くようです。

5月新緑のころ、青もみじが風炉先屏風に

青もみじとは!粋な風炉先屏風ですね。

熱いハートでチャリティ 餡が濃いピンク

瀟洒な 町屋の二階のお茶室で和やかにおいしいお抹茶を

堪能しました。

お饅もお茶もおいしかったね。

こんなうれしいお茶会でチャリティの足しになるなら、『何回でも良いね』

帰りも嵐電です。雨もやんで雨コートを取るとみんな可愛い小紋お洒落着。

電車ホームがぱぁーと花が咲きました。

お茶会主催の皆さん、気持ちのこもったおもてなしありがとうございました。

又呼んで下さいね

 

関連するポスト:

  1. 2018年の新茶のお味は最高 覆い下茶園で新茶のお茶摘み
  2. 着物で「なんちゃって野点」
  3. 秘密の白味噌柏餅
  4. 2011年の茅の輪くぐり 
  5. 姉さん被り茜たすきでお茶摘みですよ
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 京友禅・型友禅, 和菓子・グルメ, 和装小物, 着付けのコツ, 着物, 着物散策, 茶道
タグ:
Posted on: 7th 9月 2011 by: blogkyoto