祇園祭 宵々々山

祇園祭の核の神事、最大のハイライトは17日「神幸祭」での3基のお神輿巡行です
この神事の先触れ、にぎやかしが山鉾の巡行と言うのがまだまだ知られていない
正しい位置づけです。
ともあれ祇園祭と言えば、宵山・巡行を見なければと、人出も凄いです。
“きものさんぽみち”では、毎年夏着物や浴衣で山鉾町をくまなく見物して歩いています。
今年も14日練り歩く予定。
06yoiyama2.JPG 
“きものさんぽみち”お薦めのコースをご紹介しましょう
まずは、役行者山(室町三条・1年に一度だけ作られる「行者餅」由来の山)
         ここでは16日行者さんの護摩供養が行われます。
→ 鯉山(室町六角下  ベルギー製タペストリ必見)
→ 北観音山 (新町六角下る山といっても鉾の形)
→ 吉田家 → 藤井家  (見事な町屋の設え 町衆の力の凄さを感じるお家)
→ 南観音山 (新町蛸薬師)暴れ観音(16日深夜)も行われます
→ 蟷螂山  (西洞院四条上る)かなりの人気を誇ります
→ 伯牙山  (綾小路西洞院 町会所杉本家)京都の町家の最大規模の格式を持つ
→ 船鉾   (新町四条下る)子ども達に一番人気大人も!
→ ここから四条通
→ 函谷鉾  (最初に女人禁制を破った鉾)
→ 月鉾   (14日まで、着物の人は無料 これは行かねば)
→ 菊水鉾  「したたり」でお茶会 しはる鉾です
→ 保昌山  (東洞院高辻下がる  恋の成就・・・“きものさんぽみち”一番人気)
→ 長刀鉾  四条烏丸 (こうもり ねずみ さる 蛇 なめくじ・・・)
→ 占出山(うらでやま 錦通烏丸西入・安産祈願 今年は12番、可もなく不可もなくかな)
→ 橋弁慶山 (人気の牛若弁慶)五条の橋から飛び出す牛若丸。すごい特撮の一場面のよう
→ 浄妙山  (六角烏丸西 雌雄狼図by鈴木松年)この狼は一見の価値あり
まだまだあります、何年かに分けて全制覇され、
国宝級・重文級ざくざくと厚みある町衆の力を充分堪能してください 

関連するポスト:

  1. 祇園祭・宵々々山
  2. 祇園祭 宵山
  3. 祇園祭の海老
  4. 夏限定の和菓子 はまづと
  5. 暖簾くぐり初め
Categories: お祭り・風習

Posted on: 12th 7月 2007 by: blogkyoto