1月2日きもの散策

2日も着物散策に出かけます。

今日は堀川通→千本通から一条通を目指します。
千本通を歩くと、大極殿跡・朝堂院跡や北回廊跡など平安京が今の道と重なって
1000年タイムスリップできそうな気分。

一条通御前西入るにある『大将軍八神社』が今日の目的の一つ。
方除けの神として信仰されて居る神社です。

大将軍(たいしょうぐん)は、陰陽道の考え方で
方位の吉凶を司る八将神(はっしょうじん)の一つ。
荒ぶる神として、特に暦や方位の面で恐れられていました。
桓武天皇が平安京遷都の直後、大将軍を祭神とする4つの大将軍神社を四方に置き、
・東: 左京区岡崎----現在は東山区の東三条大将軍神社
・西: 上京区紙屋川----現在は上京区の大将軍八神社。
・北: 北区大徳寺門前----現在は北区の今宮神社摂社疫神社・西賀茂大将軍神社。
・南: 所在不明----現在は伏見区の藤森神社境内。
・他に祇園社---現在の八坂神社
などに素戔鳴尊を祭神として祀られています。

五芒星が正面に置かれ、地域の子供達が焚き火の番をしながら遊ぶ地道な神社です。
大将軍名物・方除け厄除け大やきもお店も出ていて、早速一個戴きました
熱々で美味しかった・・・)
一条通はまた百鬼夜行の現地とされ、道のあちこちに手造り風でほほえましい
いろんな妖怪像が置かれています。(境港には負けてます)

御前通から下立売り迄下がりだるま寺と呼ばれる「法輪寺」に。
お茶室に入るような粋な雰囲気の石畳の路地の印象に良い
お寺ねと思っていると、






無数のだるまさんが鎮座する驚きの達磨堂にびっくり。
座禅を続け、手も足も萎えお尻も腐りあのだるまさんの
姿かたちになったと聞き又びっくり。



どちらも紙屋川の近くにあり、西陣のま真ん中。
人々の生活感いっぱいの地域を散策できました

関連するポスト:

  1. 北野の天神さん 梅花祭
  2. 大茶盛・西大寺
  3. 京都のお盆は深い
  4. 今年も会いました、蘆山寺の鬼さんに
  5. 今年の京都の節分
Categories: お祭り・風習, 寺社仏閣, 着物散策

Posted on: 3rd 1月 2011 by: blogkyoto