国宝松浦図写し 肩裏

大和文化館へ行きました。

横長の城郭や蔵をイメージさせるなまこ壁 が印象的な美術館を入ると、

優しい自然光に包まれた廊下の奥に展示室があります。

今日の目的は、展示中の国宝「松浦図屏風」を見るため。

きものさんぽみちで染めている肩裏(羽織裏)に『松浦図』があります。

この肩裏を使った更紗の羽織が仕立上ったので、競演しようという大胆・向こう見ずな計画なのでした。

展示室ではおとなしくしなければいけません、・・・が 皆かなり代興奮でした!

イヤ楽しかったです!

関連するポスト:

  1. 天目染め 蔦袋帯
  2. ワオキツネザル訪問着IPSにてデビュー
  3. ワオキツネザルの訪問着と春のおしゃれ着物の会
  4. 東北震災へチャリティお茶会
  5. 祇園祭・宵山
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 京友禅・型友禅, 着付けのコツ, 着物, 着物散策

Posted on: 31st 1月 2011 by: blogkyoto