着物散策」カテゴリーアーカイブ

子供着物縫い揚げ

*腰揚げ

🔹着物を二つ折りにする。

🔹裾線と肩線の位置に、総丈-着丈(身長×0.8)の2分の1の差をつける・・・・・下図のとおり

🔹この折端が揚げの山になる

🔹この端から揚げ分量の2分の1を縫う

🔹襟のところでは、端を折りたたんで衿幅より出ないように

*肩揚げ

🔹背中心と袖付けの2分の1を揚げ山にする

🔹山の両側に、裄の長い分の2分の1をつまんで縫う

*付け紐 

🔹十三詣り時には外す

🔹高さは、身八口またはその中心位置

🔹紐は、着物は襟に、お襦袢は背中心に付ける

衣替え近し

着るものは10月になっても昼間はまだ夏物かなともう程の気候。

でもそこは季節先取り要素を入れたいところ。単衣の透けていない着物帯を身に着けようかと思うこの頃。透け感の少ないサマーウールのポーラ着物が良いかと思案するところです。

10月1日は衣替え。お部屋はしっかり秋冬仕様にする予定です。夏の間、葦戸にしているので障子は廊下の端に寄せ立てかけてあります。この間に長い間手の回らなかった障子を貼り替えました。ほぼ1日かかりましたが完了、いつでも葦戸を障子に替える準備が出来ほっこりしています。

ステイホームで家うちの事柄に目が向くと色々聞きますが、障子張替もその一つかな