歌舞伎・狂言・能」カテゴリーアーカイブ

11・12月の着物

寒さが増すこの頃、こんな色の着物でお出掛けはいかがでしょう。

有職柄を横段にデザイン。

市松取りがおしゃれに訪問着仕様になっています。

地色の朱色に全体に金彩を施し、いっそう豪華

金地や白地の袋帯を合わせ、お芝居見物や冬のパーティに注目の衣装になるでしょう

四天王寺 聖霊会(しょうりょうえ)

毎年4月22日大阪四天王寺で行われる聖徳太子ご命日の

聖霊会は、法要・舞楽・お声明が混然一体となった日本最大規模の舞楽大法要。曼殊沙華と呼ばれる巨大真紅の球体の四方に立っていていやでも目が吸い寄せられます。そのきゅうたいにたくさんの神のツバメがいとでつるされ風軽やかに舞っているのが可愛い。バリ島のバロンのような獅子舞、仏頭をすっぽりかぶった動く菩薩様、次々と独特の演目が続きます。鉾や刀の扱いも大きい激しい動きが目を引き、蘇利古の面などは目が巴紋、なんとも不思議。

この日は今年初めての単衣と紋紗の羽織した。爽やかに一日楽しめました

 

大原・勝林院 お声明

Exif_JPEG_PICTURE   大原・勝林院は開創1000年を記念していろんな行事が行われています。 先日記念の法要に参列してきました。 雅楽を演奏しながら入場、舞楽奉納、歩くお声明や珍しい曲も演奏され 天上の音楽を堪能した気分を味わいました。 こういう行事も着物を着ての参列は一味二味違います・・・

やっと極暑が終わり単衣着物が楽しい季節

やっと極暑が終わり単衣着物が楽しい季節