四天王寺 聖霊会(しょうりょうえ)

0
Categories: お祭り・風習, 京友禅・型友禅, 和装小物, 寺社仏閣, 歌舞伎・狂言・能, 着物散策
Posted on: 2nd 5月 2017 by: blogkyoto

毎年4月22日大阪四天王寺で行われる聖徳太子ご命日の

聖霊会は、法要・舞楽・お声明が混然一体となった日本最大規模の舞楽大法要。曼殊沙華と呼ばれる巨大真紅の球体の四方に立っていていやでも目が吸い寄せられます。そのきゅうたいにたくさんの神のツバメがいとでつるされ風軽やかに舞っているのが可愛い。バリ島のバロンのような獅子舞、仏頭をすっぽりかぶった動く菩薩様、次々と独特の演目が続きます。鉾や刀の扱いも大きい激しい動きが目を引き、蘇利古の面などは目が巴紋、なんとも不思議。

この日は今年初めての単衣と紋紗の羽織した。爽やかに一日楽しめました

 

鶏の羽裏

0
Categories: 京友禅・型友禅, 和装小物, 着物
Posted on: 11th 1月 2017 by: blogkyoto
酉 羽裏

酉年にちなんだ羽裏。

昭和初期に染められた立派な鶏の羽裏、袖の裏にも二羽います。

今年は酉歳 お正月初詣にぴったりの羽織を着せて氏神さんへ。

 

羽織本体も手の込んだ型友禅

羽織丈も元のまま、この長さです。

よく出来た染めです。

 

2015年2月 きものさんぽみちの「今月の着物」

0
Categories: 京友禅・型友禅, 和装小物, 着付けのコツ, 着物
Posted on: 30th 1月 2015 by: blogkyoto

きものさんぽみちでは毎月その時期にふさわしい着物をご紹介しています。

地色には7~8色の要素が含まれ、それゆえどんな帯にもしっくり合います。

豪華に金地の袋帯、柄と連動の緑の帯もおしゃれです。

モザイク調子 松 訪問着

訪問着によくある「松」の柄もモザイク調子にするとこんなにモダンさが出ます。

2月は一番寒い時期、衣裳からほっとする色を見ていただきます。

ターキッシュレッド の地色に 青緑や濃い緑が映えます。

松の中に小粋な小花をのせ優しい雰囲気が楽しい

Exif_JPEG_PICTURE

前を見るとこのように

きものさんぽみち