2015年2月 きものさんぽみちの「今月の着物」

0
Categories: 京友禅・型友禅, 和装小物, 着付けのコツ, 着物
Posted on: 30th 1月 2015 by: blogkyoto

きものさんぽみちでは毎月その時期にふさわしい着物をご紹介しています。

地色には7~8色の要素が含まれ、それゆえどんな帯にもしっくり合います。

豪華に金地の袋帯、柄と連動の緑の帯もおしゃれです。

モザイク調子 松 訪問着

訪問着によくある「松」の柄もモザイク調子にするとこんなにモダンさが出ます。

2月は一番寒い時期、衣裳からほっとする色を見ていただきます。

ターキッシュレッド の地色に 青緑や濃い緑が映えます。

松の中に小粋な小花をのせ優しい雰囲気が楽しい

Exif_JPEG_PICTURE

前を見るとこのように

きものさんぽみち

 

ステンドグラス作り 体験

2
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 展覧会・美術館・アート, 着付けのコツ, 着物, 着物散策
Posted on: 15th 10月 2013 by: blogkyoto

きものさんぽみちのメンバー、ステンドグラス・アーティスト速水さんの

アトリエの体験教室に参加。

初めてハンダ鏝(こて)を使って可愛い小物を作りました。

あらかじめパーツを用意してくださってます

あらかじめパーツを用意してくださってます

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

小さいビーズや板ガラスの部品の配置を考え中(この時間が楽しい!)

好みの色合わせに個性がでますね

Exif_JPEG_PICTURE

配置が決まったら、押しピンで止めいよいよハンダゴテの登場

ガラスを包んだ細い銅のテープをハンダ鏝でハンダ付け。ハンダはとても良く伸びます

ガラスを包んだ細い銅のテープをハンダ鏝でハンダ付け。ハンダはとても良く伸びます

 

着物で参加しましたが特に問題なし。昔の人は何しろ着物で全生活をこなしたものね。

着物で参加しましたが特に問題なし。昔の人は何しろ着物で全生活をこなしたものね。

Exif_JPEG_PICTURE

押さえの細い板を押しピンで留め丸ビーズの位置を決めます。

こんな素敵なボックスと時計が2時間ほどで完成!

今年もヘチマで帯び枕!

5
Categories: “きものさんぽみち”メンバー, 和装小物, 着付けのコツ, 着物
Posted on: 14th 8月 2013 by: blogkyoto

きものさんぽみちお仲間のご両親の丹精こめられたへちま達が今年も箱いっぱい頂きました。
さっそくみんなで帯枕と今年新作のへちま伊達締め(名つけて「へちじめ」)を作りましたよ。

夏着物といえば汗におののく人が多く、浴衣どまりで悶々としておられませんか。
この夏、汗を閉じ込め、着物や帯を汗でぬらさない和装アイテムを3つ考えました。
・へちま帯枕   これは3年目になります・・・
         軽くて通気性があり夏にぴったり。 

・きものさんぽみち特製、撥衿の和装肌着に別袖を縫い付けた合体長襦袢の背中面に
 汗を閉じ込める魔法の布を縫いつけます。(ネットに入れて洗濯機OK)

・へちま伊達締め へちまを三枚におろし薄くします。
         ガーゼと上記の魔法の布で巻き込み伊達締め状にします

肌着を合体した袖長襦袢をこのヘチ締めで巻き、すぐ着物を重ねます。
何枚も着ずともOKです。汗無敵です。
この3つで夏着物デビューです!快適な夏着物スタイルを楽しめます。