端午の節句 五月人形を飾りました

0
Categories: お祭り・風習, 京友禅・型友禅, 和装小物, 未分類, 着物
Posted on: 18th 4月 2018 by: blogkyoto

端午の節句・五月人形を飾りました。

お雛さんと交代。お部屋がすっぱりしました。

男の子のおでんちに兜を染めているので一緒に飾ります

1941年ごろ男子誕生を祝ってうちで染めたものです。

カチン(細い線描き)で源氏物語を染めた凝った裏地。

 

庭の「二葉葵」に花が咲き出しました

0
Categories: 未分類,
Posted on: 17th 4月 2018 by: blogkyoto

二葉葵の花、意外にめづらしいです。

葉の下にひっそり可憐に咲いています。1㎝足らずのお椀を伏せたような形。

小さなピンクのが愛らしい .

 

日当たり・風通しにも恵まれていない庭ですが乾いたときの水やりくらいで、肥料はいらないそうです。

2017年斎王代 賀茂 曲水の宴

0
Categories: 未分類
Posted on: 14th 4月 2018 by: blogkyoto

4月8日、2017年の斎王代、上賀茂神社で最終の出仕として曲水の宴に登場です。

春の川辺に歌を詠みさかずきをかさねる雅な遊びを再現した催し。

斎王代が歌の題を発表し歌人が色紙に読み上げます。

冷泉家の人々が宮中の歌会始のようにのどやかに歌い上げます

ことしは「暮春」でした。

公募入選歌 『想われて 想いて 重さを増してゆく 暮春の月が 照らす横顔」

印象深く聴きました。

お化粧も古代を踏襲、白い髪飾りもその度に一から編みあげ2時間余りもかかります。

斎王桜がまだまだ美しく咲いていました。

次の斎王代も発表されるのもすぐです。