子供浴衣 おかぁさんの手で縫い上げ

Date
2009-07-13 (月)
Category
| 着付けのコツ | 着物 | 着物の知識 | 着物散策

“きものさんぽみち”・ひとりできものをきられる会では
着付の練習だけでなく着物に関するあらゆることをレクチャーしています。

ずっと着付練習されているKさんが、
ご自分の子供のときの浴衣をご自分の子達に着せるため、縫い上げを教えてほしいと
小学校4年の娘さんと一緒に来られました。
nuiage.jpg
早速、身長を計りどの位置で縫い上げするかを決め縫い揚げにかかります。
1時半半ほどで立派に完成!

後日お出かけされたときの写真を送ってこられました、かわいー
AZ.jpg

いまどきの浴衣は、1年使い捨てのような作り方をしてあるものが多く
今回の浴衣のように2世代に渡りきられる上質の生地の浴衣はなかなか見つかりません。
見つかってもかなり高価です。

皆さんも20年以上前の浴衣はとても良い生地と良い染がしてあるので
大事にとっておられたら次世代にお下がりしてあげてください。

縫い揚げと言うと大多数のおうちでは、おばあちゃんの出番が多いようです。
それは勿論OKですが
おばぁさまのお元気なうちに、しっかりレクチャーしてもらっておいてください。

Comment:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember Me?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blogkyoto.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/305
Listed below are links to weblogs that reference
子供浴衣 おかぁさんの手で縫い上げ from 京都 着物散策ブログ

Return to Page Top