着物で散策 伏見十石船と酒蔵

Date
2009-05-17 (日)
Category
京都 | 着物で遊ぶ | 着物散策

     新茶のお茶摘みの日、時間まで余裕があり、伏見の「十石船」にゆらりと乗ってきました。
   unga.JPG
       この川は大阪⇒京の都の水運のかなめ。
   unga2.JPG
       昔この船にお米や木材人々をのせて京都まで行き来していたのです。
   jyukoku.JPG
       伏見は秀吉の伏見城の城下町として栄えました。
秀吉は叉宇治川を改修し、港の昨日を高め、これにより大阪から伏見までの船運が発達しました。
    jyukoku11.JPG
      今日乗った十石船も「秀吉号」「千姫号」とされていて・・・成る程です。

江戸時代までは伏見から京の都までは、陸路によって物資運搬されていましたので、
伏見は重要な中継点として大変発展しました。

江戸時代になって、角倉了以が京都に運河・高瀬川を作り、
大阪-伏見-京都までの水路による船運・交通のルートが完成。
伏見も中継拠点とし、一層の発展したのです。
  jyukoku1.JPG
  江戸時代にタイムスリップしたようでしょ。
  京都の中京区、木屋町お池を上ったところにある「一の舟入」はこの終点。
  人々の交通、お米・お酒・木材など重要物資運輸の貴重な遺跡です。
  jyukoku2.JPG
   木屋町と言う名前も、ここに材木問屋が多く立ち並んだところから付いた名前です。
   jyukoku3.JPG
   大正時代に宇治川が改修工事で伏見と、淀川へとつながる宇治川が通航ができなくなり、
   1929(昭和4)に三栖閘門(みすこうもん)が作られました。
   閘門資料館には楽しい模型があり、閘門を船が進む様子が判りやすく楽しい資料館でした・・・

  十石船は出発地点からこの三栖閘門までを往復します。
  資料館見学も入れて50分あまりの船旅です。
    sakagura333_s.JPG
  この運河で京へ運ばれていた伏見の銘酒を作っている酒蔵も見逃せません!
  月桂冠大倉記念館を見学しました。
  sakagura1_s.JPG
  idomizu.JPG
  この水が美味しい伏見のお酒の元です!
  水だけではなく、しっかり出来上り製品も試飲しましたー!(ふふ)
  sakagura2_s.JPG
       大きなタルを見るとこんな事もしたくなりましたね(笑)
  sakagura_cafe.JPG
   黄桜カッパ天国のお昼ご飯もおいしかったし、カフェも外せませんねー。
   酒造会社の蔵屋敷の中がお洒落なカフェになっています、
   おいしい物を運んでくださる人も昭和初期のようなエプロンが建物とピッタリ。

  この後昨日の記事の如く、宇治のお茶摘みにあかねたすきで雪崩れ込んだのです・・・\(^o^)/

Comment:2

たはら:2009-05-22 (金) 13:11

いつも本当に京都のことご存知ですね。
知らない事ばかりでびっくりします。

京都は大きく遡るとキリスト教の一派、
景教(東方の一派)の影響が強いようですね。
景教は元々ユダヤの影響が濃く、
一部で西洋文化と混じり現在はこちらが主流ですね。
(西方の一派)
元々古神道だった日本の神文化に
大陸から来た秦氏が影響、混ぜ合わせ
京都から広がり今の神道になったようです。

大文字の「大」、これはユダヤで「魂」を指すようですし、
太秦は元々イエスキリストを指していたのがなまったようですし、
他にも色々あります。

ちなみに、イエスキリストの誕生日は元々クリスマスではなく、
日本で言う十五夜の日、死んだ日は13日の金曜ではなく、
夏越の払いの日との事です。

“きものさんぽみち”:2009-06-09 (火) 00:06

景教ですか!
一神教のお話になってきましたね
太秦の蚕ノ社には三本足の鳥居があります。
叉太秦は秦一族の地であり、秦氏は大陸からの渡来民、遡るとユダヤにもつながると言う説もあっていよいよ摩訶不思議な京都の底流が仄見えます。
こういうお話大好きです

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember Me?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blogkyoto.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/299
Listed below are links to weblogs that reference
着物で散策 伏見十石船と酒蔵 from 京都 着物散策ブログ

Return to Page Top