面白かった本

Date
2009-03-31 (火)
Category
面白かった本

昨夜読み終えた本が大変面白かったので
ご紹介します

『13番目の物語』 上下巻

父の経営する古書店の隅にひっそりもぐりこんでいるような私に
イギリスの著名な女性作家「ヴァイダ・ウィンター」から手紙が来ました。
生涯の物語を語るので、伝記の書き手にと指名されたのです。

プライベートは全て謎に包まれ誰もその実像を知らないといわれている作家・・・

風変わりでミステリアスなその作家と、陰鬱な生涯の物語語られていくうちに、
あぶりだされていく謎、毀れた家族と異様な家族の歴史。

作家の悲劇の人生に取り込まれ覆われ尽くす私・・・

絡み合った複雑な謎を私は解明できるのでしょうか?

複雑ながら、読み終わるまでぐいっと捕まれ
読み進めずに居られない物語でした。

Comment:1

たはら:2009-04-11 (土) 21:59

普通の書店では(近所の)無かった。
やっぱりアマゾンはすごいですね。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember Me?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blogkyoto.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/291
Listed below are links to weblogs that reference
面白かった本 from 京都 着物散策ブログ

Return to Page Top